アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

男性に多いと言われている症状に、痔や脱腸などがあります。
中でも痔の種類は3つあり、それぞれに症状があります。その3つは「イボ痔、切れ痔、痔ろう」です。
上記の種類は全て肛門にできる症状で、それぞれに治療方法があります。痔の症状で一番多いのがイボ痔で、できる場所によって重度が変わります。
イボ痔は「肛門の入り口」か「肛門の中」にできます。その症状ちしては余り痛みもなく、便に血が付いたりします。
治療法はお尻を温めることでイボ痔の痛みを和らげることができます。他にも、切れ痔は便をする時に力強く出したことによって肛門が切れるので、軟膏を塗ることで傷口を防ぐことができます。
一番症状で重度なのが痔ろうです。肛門に膿が溜まることでお尻に違う穴を開けてしまう症状です。
上記の症状が出たら迷わずに医者を利用しましょう。

脱腸の治療方法は手術しかなく、症状が表れたら迷わず医者に相談しましょう。脱腸になる原因が筋肉の低下で「本来ある場所からズレてしまう」ことになります。
その、症状がひどい時は身体からイボの様に飛び出します。脱腸の予防方法は適度な運動で、定期的に身体を動かすことで脱腸を避けることができます。
また、脱腸の症状は女性と子供にも表れます。ですが、脱腸と同じ系統である「鼠径ヘルニア」は、男性が多い症状と言われています。
それは、男性よりも女性の方が鼠径管が小さいので、男性は女性よりも脱腸になりやすいです。筋肉の低下が原因で起きてしまう症状になるので歳を取ると現れる症状と言えます。

主に、痔の症状は男性が多いイメージがあるのですが女性にもおきる症状です。痔になる原因が同じ姿勢でいることです。
例えば、パソコン操作を行なう仕事や、タクシーの仕事等です。それらの様に、長時間座る仕事を行なっている人がなるケースが多いです。
姿勢を一緒にしているとなる可能性があるので軽く息抜きをすることが大切になります。

おすすめリンク

痔を治療するならここが評判です!;寺田病院

痔の症状を専門医に相談するなら:悩まずツライ痔の症状を改善する方法